23歳から始めたサラリーマン不動産投資家の記録。

31歳。どこにでもいる大卒サラリーマンの不動産投資の全記録。 ゆるりとシンプルに不動産情報を発信。

naokorochan。31歳 | サラリーマン不動産投資家。
23歳から不動産投資をスタート。
自分らしく生きていくために、まずは不労所得を拡大させて
人生を豊かにすることを探求中。
会社のサラリーだけで消耗している、そんな誰かの助けになれば幸い。

だって分からないから。
余裕のある大富豪なら・・・

不動産投資家なら1度は考えたことのある、海外の不動産を買うってやつ。
なんかカッコイイよね!
ドバイの不動産持ってる〜とかシンガポールのコンドミニアム買ったとか。
カッコよく見える。

けど、ぼくの考えとしては、買いません。
なぜなら、よく分からないものには投資しないことにしてるから。
まぁいつもどおりの答えでしょうもない答えですが・・・

まず、日本国内の不動産を買う時でも、価格やキャップレート、売却時のシュミレーションを
綿密に考慮した上で考えます。
その辺はまぁ海外不動産でもなんとかできるとしても、やっかいなのが、税制などの部分で
どうしても分からないですよね。
不動産と税金って切っても切り離せない関係にあって、国内の不動産を買うときでも、
めちゃくちゃ気にします。
それが海外ともなると、税制にも明るくないといけないし、国によってはそういうルールって
ある日ころっと変わることもあるでしょう。
税制だけでなく政治リスクなど、不動産を運用していく上では変動する要素が日本よりは多いですね。

シンガポールは治安がいいから!とか、ドバイは治安も良くてこれからどんどん値上がりしていくよ!
とかたくさん誘惑はありますけど、う〜ん、どっちも良くわかんないから日本でいいんじゃね?って思います。

その国の不動産に関する情報に長けてる人なら全然アリだと思います。
そうでない人は、自国のことの方が知ってることは多いはずなので、国内不動産を買おう。
カッコつけて海外不動産を買うと、カッコ悪い結果になるかもしれませんよww

とはいえ、海外不動産のメリットもお伝えしておきますね!
まず、建物の価値が大きい。

日本の場合、築40年の建物なんか、建物価値は0と評価されることがほとんどですが、
例えば、アメリカの不動産なんかは、古いほど建物の価値が上がります。
これ、日本人の感覚だと、「は?何のこっちゃ?」という感じですね。
すっごく簡単に表現しますね。
日本人の感覚   築40年の一軒家 土地3000万円 | 建物0万円
アメリカ人の感覚 築40年の一軒家 土地3000万円 | 建物5000万円

なんていうことがあります。
何が言いたいかというと、建物価値が高いので、富裕層の方々には節税に良いんですね。
所有物件が建物の価値がない古い物件で節税に困っているという方は、選択肢として考えるのもいいですね。
というよりぼくもたまに考えます。

まぁでも、さっき言ったみたいによく分からないものに投資するのは怖いので、
投資が進んで余裕が出来てきたら、別荘+ついでに節税ぐらいの気持ちでハワイあたりで買えるといいな〜なんて思います。

だからぼくは投資規模をもっと拡大していきますよ〜。
60歳になる頃には、うふふ。

新しいこと始めよう。
うん、前に進んでいきたい。

まずはプログラミングの勉強を始めてみました。

少しやってみたけど、これで何になるとかは全く分からない。
けど、やっぱりぼくは、コンピューターや、テクノロジーというものに興味があるんだな〜
ということに気づきました。

また、新しいこと始めるメリットを発見した気がした。
それは、自分が何に興味があるかを探ることができる!ってことですね。

今回は、何となくプログラミングのお勉強を始めましたが、
興味がなければ始めようと思わないし、おそらく視界にも入ってこない。
きっとプログラミングのお勉強を進めていくうちに、「あっ、ちょっと違うな」とか、
「自分に合ってる」とか新しい自分に気づくことができるでしょう。

今日のまとめ
新しいこと始めると新しい自分に気づくことが出来る。

自分ってその時々によって変化すると思うし、それを探し続けることが
ライフワークの1つだとぼくは思う。


CodeCampの無料体験したよ。
春だし何か始めたいね。

 36

初めてやってみた結果・・・

想定通り・・・という感想。でした。

ちょっといきさつ書いていきます。

体験レッスンの時間は40分。
Googleハングアウトというskypeみたいなの利用して、ビデオ通話でレッスンを受けました。
先生は40〜50代くらいの男性かな。
声は聞き取りやすく、ハキハキされていたのでわかりやすかったです。
(先生なのでこの辺は当たり前か。)

体験とはいえ、最初は自社のサービスについての説明になりましたね。
色々コースがあって、学べる言語や期間や料金も異なるよ〜という感じです。
例えば、サラリーマンの方は自習時間があまり取れないから4ヶ月のコースをオススメされていましたね。うんうん。

サービスの説明が終わったら、実際のレッスンと同じ画面で体験。
まずは、HTMLの簡単な記述やJavaの仕組みを少し説明されていましたね。
っと、時間も短いのであっという間に終わってしまったという印象です。

結果的には、なんだかさっぱりした体験だな〜と感じましたけど、
どういう風にレッスンが進んでいくのかが分かったので、これはこれで良し!という感じです。

そしてちょっと悩んだ末に、webマスターコース(2ヶ月)を申込みました。
56
費用もそれなりにするし、学習する時間も取れるか心配だったのですが、
こういうのは思い切って始めた方がいいと考えて申し込んじゃいました!

体験レッスンの先生には4ヶ月を勧められたけど、2ヶ月集中的にやることを自分に誓いました。
先生曰く、そうは言っても、自習することが大切のようなので、空き時間を見つけて効率よくやっていきますね。

また進捗書いていきま〜す。

↑このページのトップヘ