23歳から始めたサラリーマン不動産投資家の記録。

31歳。どこにでもいる大卒サラリーマンの不動産投資の全記録。 ゆるりとシンプルに不動産情報を発信。

naokorochan。31歳 | サラリーマン不動産投資家。
23歳から不動産投資をスタート。
自分らしく生きていくために、まずは不労所得を拡大させて
人生を豊かにすることを探求中。
会社のサラリーだけで消耗している、そんな誰かの助けになれば幸い。

車=高価な鉄の塊。
ほんとは欲しいけど。

39

こんなん欲しい。。。

ぼくは車持っていません。
なぜなら車を持つことのデメリットが多すぎるから。

車を持つデメリット
・コストがかかる
・運転疲れる
・誰かを傷つけるおそれある

おそらく当分車は買わないと思います。
だって今の生活スタイルを考えても、ぼくが今車を持っているとして、
週に1回乗るか乗らないかくらいだと思います。

まず、コストがかかるということは当たり前なのですけど、みんな当たり前のように
車にコストをかけていませんか?本当に車っているの?なんて思ったりします。

もちろんぼくの実家なんかも田舎なので、1人1台車が必要な地域です。
そういうエリアではなく、電車やバスなどの交通網が整備されているエリアで
車はいらなくないですか?
駐車場代だけで3万とかするエリアで、お金に余裕のある人は別ですけど、必要じゃないでしょう。
ましてや、そういうエリアってカーシェアのサービスがあるはずなので、
車を足として見るならそれで十分です。
車1台買うにも新車だったら200〜300万円くらい?なんかな。
駐車場料金なんか、うちのまわりなら月15000円程。
自動車保険、年6万円くらい?

なんとなくしか分からないので、
簡単に維持費をシュミレーションできるサイトがあったのでやってみました。
 自動車ランニングコスト
 
例えば、スバルのフォレスターを買った場合の維持費。
40
維持費、年間86万円ですって!
いや〜買わないですねぇ。


まぁー何より、車を買う300万円もあればそれでお金を増やせることを知っているので、
う〜ん、車欲しいけどやっぱり要らない。

とはいえ、車じゃないと遊びに行けないところもあるので、
ぼくはタイムズカープラスを利用しています。
17
家から徒歩5分くらいのところにタイムズがあり、そこにシェアする車があります。
利用方法も簡単で、スマホかパソコンで、予約時間などを入力するのみ。
料金は何も使わなくても毎月1000円かかるのと、ざっくり1時間あたり800円ほど。
レンタカーと違っていいのが、ガソリン、保険込みなんですよね。

だからぼくみたいに車をほとんど使わない人なんかはこれで十分。
車買うより何十倍もローコスト。こだわりがあまりないのならカーシェアオススメします。

そして、よく思うのが・・・
実はぼく、車を持っていた時代もあったのですが、車の運転って結構疲れるんですよねぇ。
疲れる上に、その間できることが限られる。
妻と話せる場合はいいのですけど、1人で運転してる時なんかは音楽・ラジオ聴くとか
そんなもんくらいで、仮にこれが電車とかなら本も読めるし、スマホもいじることもできます。
ぼくも車のデザインとか運転自体は好きな方だけど、時間の使い方と、コスト面を考えると
車を買わなくても過ごせるエリアに住んで、やっぱり車は買いませんねぇ。

まぁ、1番の理由は、妻が運転免許持ってないので自分だけ運転するために高い車買うのもなぁ〜。。。っていうのと、妻がめちゃくちゃ車酔いしやすい‌!
これが1番の理由かも。
 
車持っている人へ、本当に車が必要なのか考え直してみよう。
こだわりがないのなら、せめてオンボロの中古車にしましょう。 

FX恐い。
だめ、ぜったい。

今日はFXに失敗した話についてです!短めに。

ぼくも不動産投資で安定してくるまでに、色々投資はしました。
色々と言っても、株とFXと競馬?くらいです。

競馬が友達に誘われて、何万円か損したくらいですけど、
やってみて何で熱狂的なファンがいるのかよく分かりました。笑

FXは今から9年くらい前の大学3回生(21歳かな)くらいだったと思います。
その当時は、FXが普及し始めた頃で、手軽に始められるということもあり、
様々な層の人々がFXをしていたと思います。
それこそ、大学生から主婦やサラリーマンなどなど。
今だったらそれが仮想通貨にシフトしてるんでしょうね。

FXはご存知のとおり、レバレッジを効かせて投資ができるので、
10万円の元手があれば10倍以上のお金を動かすことができます。
(今考えたら恐ろしい!)

その当時も10万円元手に、あまり覚えていないけど、
100万円の資金を動かして、オーストラリアドルを買いました。
オーストラリアドルにした理由は、値動きを見ていて「上がりそうだな」と思ったから笑
何の根拠もありませんね。

その結果、大きく円高に振れ、10万円が1万円になりました。。。
前にも書きましたが、【関連記事】初めて投資して失敗した話。
9万円のマイナスって大学生にとっては、本当にきつくて、涙目になったのを覚えています。
そんな金額を根拠もなく投資してはいけないですね。

FXについて思ったこと、
・上がる、下がるの根拠が素人にはわからん
・資金に余裕のない人がしてはいけない

そう、いつもの繰り返しになりますが、
よく分からんものに資金の大半を投じるなってことです。

ぼくの投資・資産運用人生のコンセプトが大学生のうちに出来上がったのは、
株とFXに失敗したからなんです。
だから皆さんも2回くらい失敗しましょう!笑
そうすると自分の投資スタイルが確立されますよ。



 

ホテル建ちすぎやろ。。
いやほんとに。

「京都の不動産て特殊ですね〜。」なんて言われること数多あり。
うん、今日は今の京都の不動産市況について考える話です。

京都って大阪のお隣で、不動産の価値としては大阪に付属するもんだから大阪の相場より
ちょっと低い。みたいなイメージがあるんですねぇ。(最近はそうでもないかも)

1回スーモとかホームズで売買物件見て下さいよ。考え方変わりますよ〜。
実際にぼくの同僚が、京都は高いからって大阪で家買ってましたしね。
大阪なんか人口の多い街なんかでもほんと安い。

なんで京都の不動産が高いかって、それには色々理由があると思います。
・街がコンパクトで供給が少ない
・高さ規制があって戸数が少ない
・セカンドハウス需要あり
・観光地なのでホテル用地の需要あり

こんなところかと。
まぁ需給バランスが取れてるということですね。

特に近年ではホテルが乱立していて、至る所にホテルの工事看板が当たり前のように掲げられています。
5-6年前くらいだと、まとまった土地が出れば分譲マンションが建っていましたが、
今は圧倒的にホテルですね。
分譲マンションはここ1.2年はほとんど建っていません。
分譲マンションデベロッパーたちも用地を取得したいでしょうけど、ホテル需要が
旺盛なので、入札なんかでは、とても敵いません。
そうなると、既存の市場に出回っている中古マンションや戸建ての価格も上がりますよね。
だって優良立地の分譲マンションが供給されていないんだから。
ぼくも含めて、買いたいけど、数も少なく、価格も高い、そんな状態がずっと続いています。
今の話だと住宅用地は違うでしょ?と思った人ががいるでしょう。
いえいえ、30坪の土地でもビジネスホテルに毛が生えたようなもんが建ちまくってますよ。
民泊に至っては、古い京町家があればそれで宿泊施設にすぐ様変わりです。
民泊なんかは、至る所にあって、今や普通の景色です。
え、こんな街中に宿泊施設?ってこと山ほどあります。

だからといってここでやってしまってはいけないのが、価格の低い駅から離れたところや
バス便の立地なんかに手を出すと、あとあと大変なのは目に見えてます。
それだと簡単に買えますが、むしろ無理してでも優良立地に手を出した方がいいですね。
とぼくは考えます。

2020年以降はオリンピック需要が終わって、不動産価格が下がると考えている人々が
多いと思います。
ぼくもそうなんじゃないかな〜と思っていますが、相場ってみんなが思っている反対に振れるもんです。
バブル崩壊の時も、不動産価格は一生上がると思っていましたよね。 
インバウンド(訪日外国人)需要も、少し陰りが見えるでしょうけど、日本政府が
観光について味をしめているので、今後も力を入れていくでしょう。
人口減の日本で期待ができること、それが観光産業なのでしょう。

というように、不動産価格が上がっている京都の不動産。
下がるなんて誰にも分からないので、価格が上がってから、

あの時買っておけば良かった・・」なんて思わないように、

ぼくの結論としては、優良立地を買っていくことですね。 





↑このページのトップヘ