20代から始めよう
新入社員必見。

不動産投資というと、オッさんがやってるイメージあると思います。
実際に、若い層は参入するのが難しいのは事実でしょう。平均的には30歳前後からスタートできる感じですかね。

その不動産投資を若い層が始めるのが難しいのがなぜか考察してみました。

・初期費用が高い

まぎれもなく、100万-200万円が手元に必要です。

・銀行融資を受けるのが難

不動産投資は銀行からお金を借りる必要があります。借りなくてもいい人はそもそも不動産投資なぞ始めていないでしょう。
銀行こら融資を受けるためには、信用力、いわゆるサラリーマン属性が必要です。
その時々の情勢、銀行によりますが、おおよそこんな条件です。

・正社員
・勤続1年以上
・年収400〜500万円以上

おそらく、正社員、勤続1年は簡単にクリア出来るでしょう。
しかし、年収400万円越えとなればどうでしょうか?なかなか難しいのではないでしょうか?
平均的には30歳前でこの年収の水準になるのが大卒サラリーマンなら一般的と考えます。
となると、20代の早い段階で投資することは難しいではないか?と反論が返ってきそうです。

方法はあります。

1 共同担保
2 現金で激安1ルーム買う

1 共同担保
要するに、自分の持ってる家や不動産を担保に入れて、お金を貸してもらう。
不動産担保ローンと言われるものです。
そもそも不動産を持ってないといけないので、実家や、親が不動産を持っているならそれを担保に入れます。

ちなみにぼくはこの方法で20代前半は不動産を増やしました。
父も不動産投資をしていたので、抵当に入っていない物件を共同担保にしてもらいました。


2はあまり得策ではないかもしれませんが、
激安の中古ワンルームを現金購入。首都圏でも、場所によっては500万円以下で購入できます。
500万円以下ならなんとかお金を集められそうではないですか?
親に借りたり、一時的にカードローンを使ったりなどなど。本気を出せばなんとかなりそうです。

提案してみたものの、やはり20代前半では厳しいですね。
ただし、20代前半で、不動産を持ち、30歳を、迎える頃には、サラリーマンの収入も上がっており、不動産の累計キャッシュフロー、残債も減り、かなり優位に立ちます。
30歳になるまでにストイックに節約、資金を捻出すれば、また違った景色、生活、仕事にゆとりが生まれます。

何はともあれ、種銭200万円を目標に貯めましょう。そうすると選択肢は飛躍的に増えます。