23歳から始めたサラリーマン不動産投資家の記録。

31歳。どこにでもいる大卒サラリーマンの不動産投資の全記録。 ゆるりとシンプルに不動産情報を発信。

naokorochan。31歳 | サラリーマン不動産投資家。
23歳から不動産投資をスタート。
自分らしく生きていくために、まずは不労所得を拡大させて
人生を豊かにすることを探求中。
会社のサラリーだけで消耗している、そんな誰かの助けになれば幸い。

カテゴリ: ハワイ移住

旅行でハワイ行ってシンプルに良かったから。。。
とってもベタな理由でしたね。

ひょんなことから、30歳にして初めてハワイに行ったんです。
それまでのぼくのハワイ像はというと、
・1年中暖かい
・食べ物がでかい
・日本人多い
・とにかく海

こんなところですかね。
ハワイに行く前は、あまり期待はしてなかったのですが・・・
あっ、いいな」と思えちゃいました。

そのハマりポイント
・日本人客が多いためか、日本人に優しい(と感じる)。
 アジアやヨーロッパも行ってきたけど、「英語話せないやつが来たよ〜」感がほとんどだけど、
 ハワイは違った。レストランには必ず日本語メニューがあるし、あまり得意ではないぼくの英語でも、
 ちゃんと聞いてくれる!

 日本語も通じて、英語でのコミュニケーションも適度に発生するからぼくには心地よい。

2月でも暖かい。
 寒いのが苦手なぼくは、冬に期間だけでもハワイに来て、ビーチサイドやカフェで、
 のんびり本を読んだり、ネットサーフィンできるだけでもいいな〜と想像ができた。


もちろんイマイチポイントもあるよ。
・物価が高い
・島なので、行ける範囲が限られる


なんせ食費が高い!1食1,500円〜2,500円くらいじゃないかな。
たぶん探せば安いところもあるんだろうけど。

あと、島なので、行けるとこは限られているよね。当たり前だけど。。。

今んとここのあたり。

将来は移住!とは言ってるものの、日本とハワイを半住するかたちだと思う。(ビザの関係で)
まぁ、まだ1度しかハワイに行ってないので、近々行って見て考えが変わるかもね。
何はともあれ、移住するにしても、色々とお金がかかるようなのでまた今度記事にするけど、
貯金ではなく不労所得を大きくしないとね。



 

 

投資は目標を設定することだ重要だと思う。

うん、何事も目標設定は大切。
不動産投資の場合、目標が大きすぎると、リスクが大きくなります。
というのも、不動産投資を行う場合、ほとんどが、銀行から借入れ(ローン)をして、
何千万、何億と借金を背負うことになります。
もちろん!投資として、数字が合っていて、自分の収入とのバランスが保てれば、いいです。
が、人生何が起こるか分からないですし、借入れは少ない方がいいですよねぇ。

例えば、老後に月々100万円欲しい!と考えた場合、おそらく、物件価格2億2000万円くらいの
ものを買わないといけないですね。(細かい計算はここではしないです!)
これは、もちろんローンが完済できている上での計算なので、まぁ、確実に1億以上は
借入れを起こしているはずです。
何が言いたいかというと、そこまで無理をして月100万円必要かということ。

年収(稼ぐ力)がそれなりにあって、たくさん資産があれば、それでもいいですが、
僕みたいに、中の上くらいのサラリーマンであれば何億もの借金はちょっと。。。
投資はリスクがあるからこそ儲かりますけど、リスクの取り方を間違えると再起不能になるよ。

なので、僕は、60歳までに毎月キャッシュフロー50万と定めました。
もしかしたらギリギリのペースなんじゃないかな〜と予測しているけど、
それほどリスクも大きくなく、ちょうどいいと思う。
詳しい内訳、何でキャッシュフロー50万円必要なのかは別記事で。乞うご期待!



 

今、30歳。
30年後は60歳。
それに向けて、資産運用、主に不動産とちょっと仮想通貨や積立投資を中心に 書いていきます。

この時点の最終目標は、60歳で毎月のキャッシュフロー50万、資産3億円。
60歳で、ハワイに別荘を買い、定年退職後(65歳?)に日本とハワイの二重生活。
こんなところ。もっとやりたいことが増えると思う。

少しずつ書いていきたいので、乞うご期待。
現在の資産、これまで投資してきたもの、これから投資するものを小出しに公開していきたい。


 

↑このページのトップヘ