23歳から始めたサラリーマン不動産投資家の記録。

31歳。どこにでもいる大卒サラリーマンの不動産投資の全記録。 ゆるりとシンプルに不動産情報を発信。

naokorochan。31歳 | サラリーマン不動産投資家。
23歳から不動産投資をスタート。
自分らしく生きていくために、まずは不労所得を拡大させて
人生を豊かにすることを探求中。
会社のサラリーだけで消耗している、そんな誰かの助けになれば幸い。

カテゴリ: 節約術

車=高価な鉄の塊。
ほんとは欲しいけど。

39

こんなん欲しい。。。

ぼくは車持っていません。
なぜなら車を持つことのデメリットが多すぎるから。

車を持つデメリット
・コストがかかる
・運転疲れる
・誰かを傷つけるおそれある

おそらく当分車は買わないと思います。
だって今の生活スタイルを考えても、ぼくが今車を持っているとして、
週に1回乗るか乗らないかくらいだと思います。

まず、コストがかかるということは当たり前なのですけど、みんな当たり前のように
車にコストをかけていませんか?本当に車っているの?なんて思ったりします。

もちろんぼくの実家なんかも田舎なので、1人1台車が必要な地域です。
そういうエリアではなく、電車やバスなどの交通網が整備されているエリアで
車はいらなくないですか?
駐車場代だけで3万とかするエリアで、お金に余裕のある人は別ですけど、必要じゃないでしょう。
ましてや、そういうエリアってカーシェアのサービスがあるはずなので、
車を足として見るならそれで十分です。
車1台買うにも新車だったら200〜300万円くらい?なんかな。
駐車場料金なんか、うちのまわりなら月15000円程。
自動車保険、年6万円くらい?

なんとなくしか分からないので、
簡単に維持費をシュミレーションできるサイトがあったのでやってみました。
 自動車ランニングコスト
 
例えば、スバルのフォレスターを買った場合の維持費。
40
維持費、年間86万円ですって!
いや〜買わないですねぇ。


まぁー何より、車を買う300万円もあればそれでお金を増やせることを知っているので、
う〜ん、車欲しいけどやっぱり要らない。

とはいえ、車じゃないと遊びに行けないところもあるので、
ぼくはタイムズカープラスを利用しています。
17
家から徒歩5分くらいのところにタイムズがあり、そこにシェアする車があります。
利用方法も簡単で、スマホかパソコンで、予約時間などを入力するのみ。
料金は何も使わなくても毎月1000円かかるのと、ざっくり1時間あたり800円ほど。
レンタカーと違っていいのが、ガソリン、保険込みなんですよね。

だからぼくみたいに車をほとんど使わない人なんかはこれで十分。
車買うより何十倍もローコスト。こだわりがあまりないのならカーシェアオススメします。

そして、よく思うのが・・・
実はぼく、車を持っていた時代もあったのですが、車の運転って結構疲れるんですよねぇ。
疲れる上に、その間できることが限られる。
妻と話せる場合はいいのですけど、1人で運転してる時なんかは音楽・ラジオ聴くとか
そんなもんくらいで、仮にこれが電車とかなら本も読めるし、スマホもいじることもできます。
ぼくも車のデザインとか運転自体は好きな方だけど、時間の使い方と、コスト面を考えると
車を買わなくても過ごせるエリアに住んで、やっぱり車は買いませんねぇ。

まぁ、1番の理由は、妻が運転免許持ってないので自分だけ運転するために高い車買うのもなぁ〜。。。っていうのと、妻がめちゃくちゃ車酔いしやすい‌!
これが1番の理由かも。
 
車持っている人へ、本当に車が必要なのか考え直してみよう。
こだわりがないのなら、せめてオンボロの中古車にしましょう。 

若い時はとにかく初期費用貯めるの苦労するよね。
 割と頑張ったので自分を褒めてあげたい

 
不動産投資1発目。新卒1年目(22歳)に1年間で200万円貯めることを目標に定める。
というのも、大学生の頃から社会人になったら不動産投資することを決めていて、
初期費用を貯める必要だったからです。

そうなんです。不動産投資1発目に必要な壁がありました。
  • 200万円を頭金+諸経費のために用意する
  • 融資(ローン)を受けるために源泉徴収をゲットする
中古1ルーム投資だと、だいたい200万円くらい当時は必要でした。
(今は不動産価格も上がってもう少し必要ですが。。)
そしてもう1つ、収入証明がないと融資を受けれないので、
新卒のぼくは源泉徴収票がもらえる12月以降でないと投資ができません。

源泉徴収票は黙ってても12月になれば手に入りますけど、
200万円て。。。
当時の私の源泉徴収票を今振り返って見ると、税込年収280万円でした。

確かその時貯金が60万円くらいだったので、残り140万円くらい貯めないといけません。汗汗
新入社員で140万円貯めるのって少し無理がないですか?
なので、入社と同時に節約生活がスタートしたのです。
以下、ぼくの節約術。
  • 夜ご飯は1食400円まで!(カップラーメンとおにぎりのセット何度も食べたなぁ)
  • 彼女が東京にいたけど、交通費がもったいないのでこっちに来てもらう(これはしない方が良かった)
  • ワイシャツは2回着てからクリーニングに出す (今しないけどわりと普通でしょ)
  • 出かける時はジュースは買わず、お茶を持っていく (今でもやってるよ)
  • トイレは小を2回してから流す (今やったら死刑にされる)
  • 週末は街をブラブラしても何も買わない(なんとなく人間観察してぼーっとしてたなぁ)
  • 実家に帰ったら食料を手にもてないくらい持って帰る(みんなするでしょ)
  • 引越しして家賃を1万円ダウン (これ大事)

まだまだこんなもんじゃないけど思いつく限りはこんなところ。
そんなこんなで、幸い会社から決算賞与なんかも出て、2年目に入る4月ごろには200万円を貯めることができた。パチパチ。
最初の壁だった初期費用と融資条件もクリアして、大学生の頃から夢を見ていた(って言ったら言い過ぎだけど)
念願だった不動産投資をスタートすることができた!!

不動産投資を事業と呼ぶと大げさかもしれないけど、ぼくは事業だと思う。
事業をスタートアップするために、お金を貯めて、融資条件や協力してくれるパートナーと連携していく。
そして、その事業を継続していくために次の戦略を考えていく。
規模は小さいながらも世間で言われるところの事業とそれほど相違ないと思う。

話がそれましたけど、この初期費用を貯めるってこと、何の後ろ盾のない起業家は通って来ている道ですね。
ワタミの社長も確か、事業を始める前に初期費用がもちろん必要なので、生活費を削って、
宅配の仕事(サガワだったかな)を夜まで苦労して働いて数年で初期の事業費を貯めたそうです。
今の時代だと、ベンチャーキャピタルとか、クラウドファンディングがあって事業資金を集めやすいかもしれませんけど、
それでも多くの人は最初の事業資金を集めるのに苦労しているはずです。

生活費削ったり、肉体・知恵・ネットワークを使ってお金を集めることって、
事業を始めたり、何かを始める時には必要なことであり、チャレンジしている証拠なんだと今改めて感じました。

ドライな表現します。
何もリスクを取らず、チャレンジをもせず、好きなだけお金を浪費して長年生活して、
成功した人を羨ましく思うことならまだしも、成功した人を妬む人が当たり前のように世の中に大多数いることに
違和感を感じます。
成功している人は、その分だけ血の滲むような努力、我慢や失っているものもありますよ。

僕なんかは、友人(大企業ばかりですよ)が、車や高い服買ったり、いいレストランで彼女とデートや旅行とかで
ガンガンお金を使っていましたけど、僕は修行僧のように全て断ち切ってましたからねぇ。
最悪なことに当時付き合っていた彼女も失いましたよ。とほほ。

だから、今何かのために節約生活しているあなた!
全然恥ずかしくないですよ。
他の人よりも少しチャレンジしているということなのですよ。

↑このページのトップヘ