23歳から始めたサラリーマン不動産投資家の記録。

31歳。どこにでもいる大卒サラリーマンの不動産投資の全記録。 ゆるりとシンプルに不動産情報を発信。

naokorochan。31歳 | サラリーマン不動産投資家。
23歳から不動産投資をスタート。
自分らしく生きていくために、まずは不労所得を拡大させて
人生を豊かにすることを探求中。
会社のサラリーだけで消耗している、そんな誰かの助けになれば幸い。

カテゴリ: 資産運用

maneo損しませんでした。
よかったよかった。

遅ればせながら、maneoに10万円投資した分がちゃんと返ってきました。
スクリーンショット 2018-07-10 14.31.26
今回は 利回り9%、期間1ヶ月に投資。
問題なく、税引後の101,060円となりました。

試しに投資してみて思ったこと。

・何もしなくていい
・銀行預金よりいい

とっても当たり前なことなんだけど、本当に改めてって感じです。
短期間運用できて、利回りも5〜10%くらいで回せるというのは、魅力的ですね。

よし、少し投資の規模を大きくしようと思った矢先に・・・

証券取引等監視委員会は6日、ネット経由で融資を仲介するソーシャルレンディング最大手のmaneoマーケット(東京・千代田)を行政処分するよう金融庁に勧告した。募集時の説明と異なる目的に流用されたのを見過ごすなど、管理体制に重大な不備があったため。流用額は少なくとも10億円以上で、焦げ付くおそれがあるという。https://www.nikkei.com/article/DGXMZO32706290W8A700C1EA1000/

なかなかとんでもないニュースが飛び込んできました。
報道をいくつかしか読んでませんが、集めたお金を目的とは違った使い方をしたのかな?
ソーシャルレンディング業界への規制も厳しくなりそうですね。
我々のような個人投資家には面白い分野だったので残念です。

ということで、私はmaneoへの投資をストップします。
少し様子を見たいです。
こういう時は思い切って投資ということもよくある話ですが、
リスク背負ってその分リターンが大きいかと言うと、全然そんなことないと思いますww

また、状況が変われば再投資したいです。

FX恐い。
だめ、ぜったい。

今日はFXに失敗した話についてです!短めに。

ぼくも不動産投資で安定してくるまでに、色々投資はしました。
色々と言っても、株とFXと競馬?くらいです。

競馬が友達に誘われて、何万円か損したくらいですけど、
やってみて何で熱狂的なファンがいるのかよく分かりました。笑

FXは今から9年くらい前の大学3回生(21歳かな)くらいだったと思います。
その当時は、FXが普及し始めた頃で、手軽に始められるということもあり、
様々な層の人々がFXをしていたと思います。
それこそ、大学生から主婦やサラリーマンなどなど。
今だったらそれが仮想通貨にシフトしてるんでしょうね。

FXはご存知のとおり、レバレッジを効かせて投資ができるので、
10万円の元手があれば10倍以上のお金を動かすことができます。
(今考えたら恐ろしい!)

その当時も10万円元手に、あまり覚えていないけど、
100万円の資金を動かして、オーストラリアドルを買いました。
オーストラリアドルにした理由は、値動きを見ていて「上がりそうだな」と思ったから笑
何の根拠もありませんね。

その結果、大きく円高に振れ、10万円が1万円になりました。。。
前にも書きましたが、【関連記事】初めて投資して失敗した話。
9万円のマイナスって大学生にとっては、本当にきつくて、涙目になったのを覚えています。
そんな金額を根拠もなく投資してはいけないですね。

FXについて思ったこと、
・上がる、下がるの根拠が素人にはわからん
・資金に余裕のない人がしてはいけない

そう、いつもの繰り返しになりますが、
よく分からんものに資金の大半を投じるなってことです。

ぼくの投資・資産運用人生のコンセプトが大学生のうちに出来上がったのは、
株とFXに失敗したからなんです。
だから皆さんも2回くらい失敗しましょう!笑
そうすると自分の投資スタイルが確立されますよ。



 

他の投資もしてみたいよねぇ。
でも不動産投資が1番。

こういうことばっかり考えているので、
やっぱりぼくは資産運用が好きなんだな〜と思うんですよねぇ。

さて、今回は不動産投資以外の投資。
ぼくの投資のコンセプトはコツコツ稼ぐことなので
関連記事:サラリーマン不動産投資のスタンスの話。
今考えてるのは次のとおり。

まず、maneo。(関連記事: 【maneoに投資した話。】)
前述のとおり、10万円を1ヶ月運用中。
結果を見て追加投資予定ですけど、ほぼ間違いなく投資していく予定。
なんでって?だって銀行に置いておくより断然いいから。
100万円を1年間maneoで運用すると、8万円くらいです。
それで夫婦で国内旅行くらいなら行けちゃいます。
これが200万円を運用なら、アジアくらいなら行けますね。ね、違うでしょ。

あと、やりたいのが、ideco(個人型確定拠出)
06
 
細かい仕組み説明は端折ります!近日別記事で。
メリットは1つ!
  • 節税効果大きい
デメリットは1つ!
  • 60歳までに引き出せない

ざっくり言うとこんなところ。
idecoを知った時は、60歳まで引き出せないのか〜、じゃあやめとこうと
考えてたんですけど、60歳以降もみんな生き続ける予定ですよね?
むしろ60歳以降の方が自由な時間が今よりももっと多くて、今まで出来なかったような
体験とか社会に奉仕をしたいはずですよね?って考えるようになったんですよねぇ。
少し難しく考えると、お金の流動性が低い(つまりすぐ使えない)ことは事業としては、
リスク要因とも考えたのですが、それほど大きく投資しなければいいかなと思ってます。
ぼくのようなサラリーマンで、会社に確定拠出がない場合は、月最大で23,000円までなので、
まぁーとりあえず月1万円から拠出(投資)していけばいいかなと思います。
ちなみに年に1度だけ拠出額は変えれるそうです。
あと、ideco始めようと思った理由が、30歳過ぎたので、あっ、あと30年切ったのか。。
と思い、そんなに遠い未来のことじゃないなと思ったのも1つの理由です。
ぼーっとしてるとホントに簡単に歳取りますね。 

そしてロボアドバイザー(投信)。
今伸びている分野じゃないでしょうかね?
日経新聞の広告欄に必ずある気がする。。。

いろんな方面で聞いてると、パフォーマンスが良さそうなんですね。
ロボアドも各社サービスがある中で、ウェルスナビが良さそう!
ちなみにパフォーマンスとしては、こんな感じらしいです。
02
これも長期積立投資の分野で、10年20年と長いスパンで見ていく投資です。
これもやってみたいですねぇ。(ついにこの時代が来たかという感じでちょっとワクワク。)

でも、今のぼくの優先順位としては、
  1. 不動産投資
  2. maneo
  3. ideco
  4. ロボアドバイザー
という順番。
不動産投資は最低200万円くらいは必要なので、それが用意できるまでは、
maneoでコツコツ運用して、200万円貯まれば不動産投資を考える。
同時にidecoにも毎月拠出していく。
余裕が出始めたら、ロボアドも早いうちに始めたいですねー。

やっぱり、ロボアドのパフォーマンスは魅力的ですけど、idecoの節税効果は大きいですね。
でも、ロボアドは始めたいので、そのためには不動産投資の拡大と本業の収入を増やさないと
いけないですね。

まぁこれだけに限らず、新しい投資が見つかれば検討していきたい。
不動産投資が1番と思っているけど、それだけだとなんて言うか、自分として進化?がないし
面白くないから新しいものにも触れていきたい。

あっ、あと仮想通貨も始めたけど、長くなりすぎるので別記事で!

試しにやってみたよ。
ほんの少額だよ。これがポイント。

前の記事【投資に失敗した話】でも書いてるけど、ぼくは不動産以外にもお試し程度で投資してます。
何のためかというと、少しやってみることで学べることが多いと思うからです。

不動産だって買ってみてからやっと理解できてきた部分があるし(キャップレートとか)、
世の中で何が求められているのかとかそんなこともわかる。
まぁ、少額で情報を買いに行ってる感じですかね。
で、試しに投資してみて、自分に合ってなかったり、あまり旨味がないなと感じたら
やめたらいいだけのことです。


ちなみに今回投資したmaneoのローンファンド。

37

 
取り敢えず短期間で感触を確かめたかったので、運用期間が1ヶ月のものを選びました。
利回りが9%で1ヶ月運用すると、税引後1,058円とのこと。銀行定期と比べると雲泥の差ですね。確かに。
これが、100万円、500万円、1,000万円規模で運用したらなかなかのもんですね。

投資してみて取りあえず今感じたイマイチポイント。
・運用期間が1ヶ月だけど手元にお金が戻ってくるのが約2ヶ月後。
 
05

これだと利回り9%ではないでしょ、って思っちゃった。
うん。まだまだ検証は必要だけど、いい具合に運用できそう。
元本保証はないけど、手軽に利回り8%前後で回せるのはいいですね。

今回ので上手くいけば、次回は100万円くらいを色々なローンファンドに分散して
運用したいですね。

ちなみに、このmaneo、元本割れは今のところないそうです。
初期の段階では、個人間のクラウドファンディングを行なっていたそうなので、
投資資金が回収できないことが何度かあったみたいです。
今現在では、ご存知の通り、法人にシフトしてかなりリスクヘッジはされているみたいです。

そうは言っても2017年にファンドの延滞が発生したそうです。
が、最終的には回収でき、投資家の元に全額返金ができたようです。
maneo側もこれまでの教訓を活かして、担保などリスク管理は徹底しているようです。

投資家の私たちとしては、もちろん投資なので「絶対安全」なんてものはないことを理解して投資活動しないといけないですね。
まぁでも、maneoに関して言うと、繰り返しですけど、1つのファンドに固めずに分散すればかなりリスクはヘッジできるのでは?と思いました。

まだ始めたmaneo。運用報告をしていきたいです!



↑このページのトップヘ